HOME>コラム>介護業界におけるキャリアアップの流れと資格

介護業界におけるキャリアアップの流れと資格

ハンド

介護職員初任者研修の後によくあるキャリアプラン

介護業界には、働く人材の確保やモチベーションアップのため、キャリアパスという仕組みが存在します。その第一段階とされるのが、介護職員初任者研修です。当資格の前身はホームヘルパー2級で、この資格は主に訪問介護に必要な知識・技術の習得を目的としていました。それに対して介護職員初任者研修は、全ての介護施設の介護に必要な知識・技術の習得を目指しています。また、ホームヘルパー2級では介護現場での施設実習がありましたが、介護職員初任者研修ではスクーリング演習に置き換わっています。一方、前者は修了試験がありませんでしたが、後者は修了試験があります。介護職員初任者研修後のキャリアアップとしては、実務者研修から介護福祉士に進むのが一般的です。

食事

介護職員初任者研修以外のキャリアアップができる資格とは?

介護業界のキャリアアップとしては、介護職員初任者研修後の当面の目標は介護福祉士になることが多いです。介護福祉士は社会福祉・介護に関する国家資格で、介護の専門職として欠かせない資格です。要介護者の日常をサポートするのに加え、要介護者の家族へのアドバイスを行います。また、介護福祉士は介護現場で働く介護者を指導する立場にあり、現場のリーダー的役割も担うものです。介護福祉士の国家試験を受けるには、実務者研修の講座を修了する必要があります。実務者研修の資格があると、訪問介護事業所に必須な「サービス提供責任者」になることができます。介護業界では、キャリアアップの到達点の1つとしてケアマネージャーが挙げられます。ケアマネージャーは介護プランの作成や人員配置、要介護者・家族と施設の連絡役を果たすものです。